推奨書籍

アフォーダンス
アフォーダンス

佐々木 正人

眼だけで見ているのではなく、耳だけで聞いているのでも、皮膚だけで触っているのでもない……?人工知能、モノづくりからアートまで、多分野で注目を集めるアフォーダンス理論をわかりやすく解説。ヒトをいわば「知..

詳細を見る
記憶のしくみ 上
記憶のしくみ 上

エリック R・カンデル、ラリー R・スクワイア

記憶はどのように組織化されるのか?記憶の種類、記憶を司る分子、学習とシナプス可塑性を中心に解説。ノーベル賞学者が書いた新しい脳と記憶の教科書。

詳細を見る
記憶のしくみ 下
記憶のしくみ 下

エリック R・カンデル、ラリー R・スクワイア

短期記憶はどのように長期記憶へ移行されるのか?意識した記憶、短期記憶と長期記憶、学習と分子機構の関係から記憶の本質に迫る。

詳細を見る
初歩の動作学−トレーニング学
初歩の動作学−トレーニング学

C.ハルトマン、H-J.ミノウ、G.ゼンフ

本書の内容は、スポーツ運動学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ心理学、スポーツ生理学、さらにはトレーニング科学の観点からの動作学/トレーニング学の基礎に及んでおり、それらを関連付けて論じているのが大..

詳細を見る
身体性システムとリハビリテーションの科学1 運動制御
身体性システムとリハビリテーションの科学1 運動制御

太田 順 (編集), 内藤 栄一 (編集), 芳賀 信彦 (編集)

脳内での自己の身体と運動の表現は、身体の認知と運動制御にとって必須の機能である。本書では、これからの超高齢社会に必要とされる有効なリハビリテーション法の確立を身体性システム科学の観点から解説する。理学..

詳細を見る
身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知
身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知

近藤 敏之 (編集), 今水 寛 (編集), 森岡 周 (編集)

これからの社会に必要とされる有効なリハビリテーション法の確立を目指すシリーズ全2巻。本巻では「身体認知」を扱う。幻肢をはじめとした身体錯覚やバーチャルリアリティなどのリハビリへの活用といった最新のトピ..

詳細を見る
やさしく学ぶからだの発達
やさしく学ぶからだの発達

林 万リ

やさしく学ぶからだの発達

詳細を見る
乳幼児のための脳科学
乳幼児のための脳科学

小泉 英明、安藤 寿康、安梅 勅江、多賀 厳太郎

乳幼児のみずみずしい感性、しなやかな身体、かしこい頭脳をどう育むか。脳の発達から見た保育・教育の現状と将来。DVD付き。

詳細を見る
やさしく学ぶからだの発達〈Part 2〉
やさしく学ぶからだの発達〈Part 2〉

林 万リ

やさしく学ぶからだの発達〈Part 2〉

詳細を見る
アウェアネス介助論―気づくことから始める介助論 【上巻】解剖学・生理学と基礎的理解
アウェアネス介助論―気づくことから始める介助論 【上巻】解剖学・生理学と基礎的理解

澤口 裕二

「気づくこと」(アウェアネス)を中心に自然科学、行動科学などの諸科学を介助のツールとして理解できるおもしろさを提供します。哲学に始まり、進化発生学、解剖学、生理学や、キネステティクス、フェルデンクライ..

詳細を見る
動作の意味論―歩きながら考える
動作の意味論―歩きながら考える

長崎 浩

なぜヒトは現在の歩行パターンになったのか。ウォーキングからリハビリテーションまで日常動作の普遍性をさぐる身体論。ジェームズ・ギブソン、大森荘蔵らの思想に触れながら動作の意味を紐解く。

詳細を見る
からだの自由と不自由―身体運動学の展望
からだの自由と不自由―身体運動学の展望

長崎 浩

若くて健康なら、普段の生活で身体の運動のことなど気にもとめない。ところが私たちの世界は、世界と自己をつなぐ身体運動があって初めて形成されたものなのである。身体の自由を失って気づくのもこのことだ。それな..

詳細を見る